蓮茶・ロータスティー

蓮茶 は、シャン・チャン・ニン茶を基にして、生産されました。葉は大きく、柔らかく、サクサクしており、風味をよく吸収します。茶木の標高は700〜800m、温度あ17〜25°Cで成長しています。さらに、ロータスティーには、80年の長い伝統があります。職人は昼夜を問わず各バッチを手作業で細心の注意を払って処理し、非常に香り高いお茶を生産しています。茶水は黄色く、心地よい芳香があり、適度な苦味があります。

ロータスティーは何?

ロータスティーはベトナムで有名なフレーバーティーの1つであり、特に睡眠に関して、健康に良いのが利点です。

ロータスティーの茶葉は、大きくて、柔らかく、スポンジ状の茶葉を持つシャン・チャン・ニン緑茶から作られました。私たちは、海抜700~800メートルの高さで、温度17〜25℃でお茶を栽培しています。伝統的なお茶で、茶水は黄色で、香りが強く、グリーンティーなので、少し渋みがします。蓮と6種類のハーブの香りがします。

蓮茶

ベトナムには蓮茶とロータスティーがあります。なぜ2種類もあるかというと、ロータスティーは、シャン・チャン・ニン緑茶と蓮の花、ハーブ、シナモン、イリシウムベラム、フォニキュラムバルガレ、カレンコリリフォリウム、スタイフノロビウムジャポニカム、アグラデュペレアナ一緒に漬けていた者であります。蓮茶またはテイホー蓮茶はベトナムの伝統的な蓮茶とも呼ばれ、ハノイの有名な蓮園で採れた蓮の花のトップ芽緑茶としべだけ長い間漬けていた者であります。

シャン・チャン・ニン緑茶とハーブ
シャン・チャン・ニン緑茶とハーブ

蓮茶・テイホー蓮茶の特徴

重要なポイントは、生産者はが最高の蓮の花と雪茶古代茶、またはつぼみ緑茶のような高品質の緑茶を選択しなければならないことです。昔ながら、古代のお茶を使って、完璧な茶芽と高山の山茶も採れて、生産し方は非常に複雑です。茶葉を採れた後、渋みがなくなるまで蒸して、それから、茶葉を再度乾燥させ、乾燥させた蓮に入れて、3〜5年間発酵させました。こちらの段階は、蓮の香りが茶葉に深く浸透しやすくするのに役に立ちます。

ロータスティー
ロータスティー

最近、多くの蓮茶が好きな方は味を変えてきました。豊かな風味の蓮の花で、少し苦い味を楽しむことを好みます。そのため、お茶の生産者は、シャン・チャン・ニン茶に味が似ているタイ・グエン緑茶を使用してきました。茶葉を乾燥させ、蓮のしべと長時間発酵させることは不要になってきます。しかし、蓮の香りと緑茶の味はそのままで楽しめます。

蓮茶 の効果

  • 脂肪の吸収を防ぎ、コレステロールとトリガーの低下を補助
  • 血糖値を下げることにより、糖尿病に苦しむ方を補助できること
  • 脂肪肝疾患の治癒を補助
  • ロータスティーは、血液の解毒に役に立ち、色々な病気を防ぐのに役に立ちます
  • お客様にリラックや鎮静等の気持ちを齎します

ロータスティーの入れ方

まず、お湯を沸かしてティーセットを予熱し、次にティーポットに茶葉を注ぎます。茶葉の量で味を調整できます。

次:温度が85℃(185℉)の湯を5秒間ティーポットに注ぎます。

最後に温度が85℃(185℉)のティーポットに20〜25秒間お湯を注ぎます。その後、各ティーカップにお茶の水を注ぎ、楽しんでください。次の注入を待つ間、ティーポットの蓋を開けることを忘れないでください。

ロータスティー
ロータスティー

											

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください