雪茶

雪茶は、雪の霜のようにふわふわした白で覆われた茶繊維を含む特別なタイプのお茶です。新芽の表面の水和された茶葉なので、雪茶という名前を付けてあります。

ハザンの高級のお茶

雪のように白い色をしている茶葉である。そして、これらのホワイトダウンは新鮮な茶芽を覆う。自然の厳しさに耐えるのは、茶芽の自己保護メカニズムである。樹齢100年の茶の木は、栄養素を吸収してそれらを支えるために、土壌に深く根を張らなければならない。また、一年中寒さと雲と戦わなければならない。茶葉はとても美しかったが、加工後これらのホワイトダウンを維持することは、すべての人ができることではないので、シルバーティーのように見えているわけである。

その上、茶芽の形は巻き毛で均一に丸く、茶葉覆われている「雪」のような白いふわふわと感じる繊維を守るの為である。TRAVIET は常に、雪の芽を完璧に保ちながら良質のお茶を生産するための長経験と熟練のプロデューサーを求めています。

ティーメーカーは、少量でも大量でも昼夜を問わず、お茶を生産します。ほんのわずかな過失でがお茶の全体を台無しにすることになるので、お茶の生産者はパーフェクトなお茶を生産する為に多くの努力をしなければならない。

snow tea leaves
雪茶の茶葉

雪茶はどうやって生産されたのか。

お茶の発酵度は約10%未満であり、雪茶は緑茶です。ベトナム北部のハザン県の出身です。ザオ少数派の家族で作られましたので、基本的な処理があります。

ステップ1:茶葉を枯らす:新鮮な茶葉を拾い上げた後、竹のトレーに1〜2時間干す。

ステップ2:酸化を防ぎ、鮮度を保つ為、加熱する。一方、このステップの重要なポイントは、温度、新鮮な茶葉の量、加熱時間を制御すること。

ステップ3:ローリング。農家は茶葉を巻き取る。

最後のステップ:乾燥。雪茶の品質は、乾燥時間と温度によります。通常に2〜3回乾燥する。

snow tea
お茶を入れる

美味しい雪茶の入れ方

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください