鉄観音茶

鉄観音茶は、優しい甘さとさわやかな香りで有名です。心をすばやく活性化させます。このお茶の独特の特徴は、サイズと重量がバランスの取れた美しい形のロール紙です。お茶を入れると、琥珀のように美しい淡い黄金色のお茶、蘭の自然な香り、持続的で心地よい甘さが得られます。 鉄観音茶は7回注入することができますが、複雑なフレーバーはまだ残ります。

鉄観音茶は、一見するとウーロン茶に非常に似ているようで、ウーロン茶とよく混同されます。実際、鉄観音茶は酸化が少ないため、緑茶として分類されています。ウーロン茶、酸化は通常30-40%の範囲です。したがって、醸造中の鉄観音茶には、緑茶の後味が濃く残っています。 観音茶とウーロン茶を区別する簡単なポイントは、 鉄観音茶には茶の茎はなく、葉だけがあるということです。

鉄観音茶は茶葉のみを使用し、通常の茶のような芽は使用しません。

茶観音の加工方法 
自然の茶木、泉陰は本質的に弱いので、十分に注意する必要があります。毎年3月の終わりに、5月の初めにティーティースプラウトが発芽します。お茶の木は一年中芽を出しますが、春の収穫が最も多いです。秋のお茶の香りが一番香りがよいです。
乾燥後、お茶を白い布で包み、25回ぐらい 軽く丸くします。乾燥させてから低温で乾燥させると、茶葉のカフェインが昇華し、葉の表面に白い霧の層に凝集します。

お茶の入れ方:
まず、ティーセットを予熱する必要があります。
次に、ティーポットにお茶を入れ、好きな量に依存します(お茶の量が多いと、強い味が得られ、逆になります)
その後、95°Cから98°C(203°Fから208°F)のお湯で15秒間目覚めさせます。 
温度が95〜98°C(203〜208°F)の茶葉を30〜45秒間浸し、各ティーカップに注ぎます。 
最後に、お楽しみください。このタイプは5〜7回醸造できます。 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください