古代緑茶

古代緑茶は、北ベトナムの特別な緑茶の一つであります。したがって、この地域には古い茶の木がある多くの場所です。古代緑茶の茶葉は大きくて厚い形があります。通常、茶木の高さは約3〜10 mで、年齢によって異なります。さらに、茶木は2種類あると言われています。「20年前に栽培されたシャン・チャン・ニン緑茶の木」と「100年以上前の古代の茶木」があります。

下記は茶木の写真です。

<img src="https://www.traviet.com/en/wp-content/uploads/2015/06/IMG_7696-620×465.jpg" alt=""

古代緑茶のエリア

古代緑茶は、ベトナムのティ・バック(北西部)のタ・シュアの高山で栽培されています。

一方、チョンチン、ボンベン、モンヴァン、タシャA、タシャB、タシャC、ハンヨンの村など、多くの古い茶房がある村は7つあります。それに加えて、ここに住んでいるほとんどの人は長い間モン族の少数派です。また、標高が約1.000〜1.600mであるため、古い茶樹の成長に有利な要素です。

Ta Xua high mountain rank

処理生産方法

Ta Xuaでは、それは処理上の緑茶ベースに属しています。

私のそばには、新鮮な茶葉を吸っているヒップ・モン 少数民族 の女性がいます。彼女はお茶の生産者です。彼女はつぼみ1つと若い葉2つだけを拾っていました。結果、このお茶はベトナムの高品質緑茶の一つです。

Fresh ancient tea leaves

生産ステップは:

ステップ1:緑をなくす。

making ancient tea
<img src="https://www.traviet.com/en/wp-content/uploads/2015/06/IMG_7623-e1540279344477-465×620.jpg" alt=""

ステップ2:ローリング

Rolling ancient tea leaves

ステップ3:乾燥する

drying tea leaves

こちらは生産が終わった古代緑茶の茶葉

Dried ancient tea leaves

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください