プーアル茶

プーアル茶は、ベトナムのテイ・バクで生産されるさまざまな発酵茶です。プーアル茶は薄い茶色の茶葉で、苦みは優しく、甘い後味、赤い茶水、よい香りを持ちます。 プーアル茶は、その豊かな健康上の利点で知られています。がんや心臓病の予防、腸の改善、コレステロールの低下、体重の減少、注意力の向上、その他多くの利点があります。

プーアル茶

プーアル茶は、生産者が古代の茶とシャン・チャン・ニン緑茶から最高級のつぼみと茶葉2〜3本を慎重に選択する茶種です。プーアル茶樹はすべて高山のアサミカに植えられています。雲が一年中覆っており、昼と夜の温度差が大きい場所です。ベトナムには、ハーザン、ライ・チャウ、イェン・バイ、ディエン・ビエンなどの古代の茶の木があります。しかし、ハーザンには多くの古代茶の木とシャン・チャン・ニン緑茶が中にあるより大きな森があります。

科学的には、プーアル茶は後処理発酵を受けます。通常、 発酵 するのは保管時に行われます。プーアルと他のお茶に比較すると、製造工程で酸化が起こります。

そのため、後処理発酵はお茶の味を改善します。苦味をより甘くし、強い味を軽くします。そして、保管期間中に茶葉は徐々に緑から黄色、黒へと変化します。

Pu erh tea
プーアル茶

プーアル茶の入れ方:

お茶の生産者はプーアル茶を丸いケーキのようにします。したがって、このお茶を入れるときは、95℃(203℉)の高温を使用する必要があります。低い度合いを使用すると、茶葉が十分に開かず、味が良くありません。

下記プーアル茶の入れ方の順番です。

  • まず、お湯を沸かしてティーセットを予熱し、次にティーポットに茶葉を注ぎます。茶葉の量で味を調整できます。
  • 次に、温度が95℃(203℉)のティーポットに1分間お湯を注ぎます。
  • 最後に、温度が95℃(203℉)のティーポットに20〜25秒間お湯を注ぎます。その後、各ティーカップにお茶の水を注ぎ、楽しんでください。次の注入を待つ間、ティーポットの蓋を開けることを忘れないでください。

* プーアル茶は10回以上注入することができます。

brewing pu erh tea

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください