ハーザン紅茶

ハーザン紅茶は、ハーザン県のシャン・チャン・ニン古代茶から慎重に収穫され、複雑な製造と酸化プロセスとともに、完璧な深紅紫色から豊かな香りまで、トラベット会社の茶製品は多くの優れた品質を示しますわずかに甘く後味、蜂蜜の風味まで、それは間違いなく、すべての基準を超えており、お茶に厳しい方でも絶対に満足させます。

ハーザン紅茶は何?

ハーザン紅茶は、加工中に生産者がウーロン茶や緑茶等よりも茶葉を酸化する茶類です。一般的に紅茶は、酸化の少ないお茶よりも風味が強いです。

お茶の生産者は2つの主要な品種を使用されています。第一に、他のほとんどの種類の茶に使用されている小葉の中国品種植物。第二に、伝統的な紅茶に使用される大葉のアッサム植物。近年では、生産者は緑茶と白茶を使用して紅茶を生産しています。

Ha Giang black tea

トラベット会社

茶摘みは、ハーザンの古代茶の木の1本新芽と1本普通の葉を慎重に選択しています。経験豊富なお茶の生産者の熟練した手により、茶芽は酸化のために形作られ、焼きなまされます。しかし、まだ茶葉の白い毛羽を保持しています。

ガラスのティーポットで作られたハーザン紅茶は、真っ赤で非常に美しいです。ハーザン紅茶はの色は鮮やかな赤で非常に美しく、後味はあまくて、のどに広がって非常に長く続きます。

Ha Giang black tea with glass teaset

ハーザン紅の入れ方

ハーザン紅茶はベトナムの高級の紅茶の一つなので、入れる時には注意しないと美味しく作れません。美味しい紅茶を作るのは下記の3ステップが必要です。

  • まず、お湯を沸かしてティーセットを予熱し、次にティーポットに茶葉を注ぎます。茶葉のボリュームで味をコントロールできます。
  • 茶葉を覚ます:温度が90℃(194℉)のティーポットに10秒間お湯を注ぎます。
  • お茶を浸す:温度が90℃(194℉)のティーポットに20〜25秒間お湯を注ぎます。その後、各ティーカップにお茶の水を注ぎ、楽しんでください。次の注入を待つ間、ティーポットの蓋を開けることを忘れないでください。

高級のお茶であって、ハーザン紅茶は5〜7回の注入で入れる事ができます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください