タイ・グェン緑茶

タン・クオン、タイ・グエン茶地方で醸造されたお茶は新米の甘味、わずかに緑色の茶水、むしろ苦い味と甘い後味を与えます。この風味のないお茶は間違いなく経験豊富なお茶愛好家のお気に入りであります。

タイ・グェン緑茶:ベトナムの一番有名なお茶の一つである。

タイ・グェン緑茶は「釣り針」とも呼ばれます。タイ・グエン緑茶の呼び方は、主に各地域の呼び方の違いによるものです。

タイ・グエン茶は、ウーロン茶のようなインドシナで最高のお茶としてフランス人に認識されています。内部には風味が混ざっていないため、純粋なお茶と呼ぶことができ、愛好家には非常に高く評価されています。昔、タイ・グェン緑茶は王様への敬意を表してきました。

ベトナムは緑茶が非常に有名で、ベトナムで人気があり、農家は毎月緑茶を作ります。北部のベトナム人は毎日緑茶をよく飲まれています。タイ・グェン茶は緑茶と同じで生産するのは他の茶に比べて、簡単だし、高くはないし、誰でも楽しんでいただけます。

Thai Nguyen green tea
タイ・グェン茶の茶葉

タイ・グェン茶はどうやって生産されたか?

緑茶は非発酵茶と呼ばれます。特に、ベトナムのタイ・グェン緑茶は日本と中国でかなり違います。それは、ベトナム北部の新緑米や新草のような強い苦味、豊かな味があることです。

ステップ1:茶葉を 枯れる:新鮮な茶葉を拾い上げた後、竹のトレーに1〜2時間広がります。

ステップ2:ローリング:生産者は茶葉を釣り針のような様々な形にロールします。

ステップ3:乾燥:お茶の品質は、乾燥時間と温度によります。通常、2〜4回乾燥しなければなりません。

A cup of Thai Nguyen green tea

タイ・グェン茶の入れ方:

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください