ジャスミン茶

シャン・チャン・ニン茶と午後遅くに摘まれたジャスミンの花びらのユニークなブレンドは 親切な香りがするお茶を作れました。ジャスミン茶は緑茶ですが、非常に香りがよく、黄色い茶水で、優しい苦味があります。お茶は老化を遅らせ、心臓病のリスクを減らし、腸を改善すること等に役立ちます。

ジャスミン茶の生産方法

バオ・ロックのシャン・チャン・ニン緑茶と、午後に採れる新鮮なジャスミンの花のユニークな組み合わせで、優しいジャスミンの香りがする理由です。ジャスミンの花の最高の香りは、咲いたばかりの花です。お茶の生産者はその咲いたばかりの花を採って、 シャン・チャン・ニン 緑茶と混ぜなければなりません。この段階は、ジャスミンの花のすべての風味をお茶に取り入れるのに役に立ちます。一方、このお茶は高湿度が必要です。お茶の生産者は、その上に甘草ジュースを噴霧して、湿気を作り、お茶の後味を増やします。

茶葉にジャスミンの香りを強く染みる為にジャスミンの花と茶葉を長い時間で漬けます。その後、ジャスミンの花をお茶から取り除き、乾燥させて、再び新しいジャスミンの花と漬けます。この段階は4〜5回繰り返させて、ジャスミンの香りをお茶に染みるまでです。ジャスミンの香りは高温に耐えられないため、小さな炎で乾燥させます。過熱すると、 ジャスミンの香りは なくなります。

Jasmine Tea leaves
ジャスミン茶の茶葉

ジャスミン茶は健康の為、どんな効果があるか?

・ ストレスを軽減する
・ 老化防止
・  風邪やアレルギーの予防
・ ガンの予防を補助
・  中毒、コレラ、潰瘍などの食中毒の補助
・  コレステロールを減らす
・  減量、ダイエットの補助
・  メンタルヘルスの改善

ジャスミン茶の入れ方

まず、湯沸かしを予熱する必要があります。次に、湯沸かしにお茶を入れますが、茶葉の量はお客様の好みによります。(お茶の量が多いほど、強い味がします)

その後、温度が85°C(185°F)の茶葉を10秒間目覚めます。

次に、温度が30秒間85°Cの茶葉を浸して、各ティーカップに注ぎます。

最後に、楽しんでください。ジャスミン茶は風味を長く保つことができます。お茶が色あせるまで、風味は変わりません。

お茶の水をきれいにするには、ゆっくりと水を注ぐ必要があります。お茶を入れないときは、湯沸かしの蓋を開けます。
こちらは美味しくジャスミン茶の入れ方です。よろしければ、ご覧ください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください